奥会津博物館 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

トップ>>南会津町>>田島地域>>奥会津博物館

山国の古くからの生活や、歌舞伎の歴史などを展示

奥会津博物館

 奥会津博物館は郷土の民俗・歴史資料などを収集し、広く一般に公開することで、奥会津地方に親しんでもらおうと、平成6年7月に開館した施設だ。
 収蔵している民具の数は約25,000点にもおよび、そのうち5,058点が国の重要有形民俗文化財。館内にはおよそ3,000点が「山・川・道」の三つのテーマに区分されて展示されている。

取材ご協力、写真掲載許可:奥会津博物館

奥会津博物館
〒967-0014 南会津郡南会津町糸沢字西沢山3692−20
TEL 0241-66-3077 / FAX 0241-66-3088
開館時間:午前9時〜午後4時 年中無休(年末年始を除く)
大人300円 / 高校生200円 / 小・中学生100円

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

山コーナー

山コーナー。道具や写真で文化を紹介。

 山のコーナーでは、奥会津に点在していた木地師(きじし)の文化を伝えている。
 会津若松では古くから漆器業が盛んであった。漆器の素地である木地の材料には、トチ、ブナが最も適していた。奥会津の山々には豊富なブナ林があり、木地師達は良木を求めて移り住み、木地わんを作って会津若松へ出荷してきた。
 会津若松の木地わんの多くは、奥会津から出荷されていたそうだ。

川コーナー

 只見(ただみ)川や伊南(いな)川などの清流に囲まれ、山間のわずかな平地に耕地を切り開いてきた奥会津では、麻の栽培や養蚕が盛んだった。農耕はもちろん、普段の生活においても川とのかかわりが深い地域であった。ここでは、川を相手に人々が利用してきた様々な道具が展示されている。

川コーナー。人々の生活の工夫が垣間見られる。

道コーナー

「にぐら」。このように運輸のための様々な道具が並ぶ。
会津西街道沿いには多くの馬宿があった。

 かつて江戸幕府の徴税地であった南山(奥会津地方)は、この地から年貢などが直接江戸へ納められていた。そのため、幕府の蔵入地という意味で「御蔵入(おくらいり)領」と呼ばれ、江戸へ通じる道も整備された。人や物の交流・交易は会津西街道(日光街道)を中心に行われた。
 ここでは当時の運輸の工夫などを知ることができる他、山村で生み出された様々な運輸用具を見ることができる。

郷土芸能

 先述した3つの展示の他、郷土芸能として農村歌舞伎や藍染めが紹介されている。
 奥会津は歌舞伎が盛んな地域で、福島県内で確認されている歌舞伎舞台の多くが、奥会津に集中していると言われている。
 奥会津地方には歌舞伎衣装を貸し出していた家があり、展示されている衣装は、南会津町南郷(なんごう)地区の片貝(かたがい)集落、中丸家旧蔵のものである。
 中丸家では、歌舞伎衣装を近隣の一座へレンタルしていた。現在は奥会津博物館南郷館に収蔵されており、その一部をここで展示している。

貴重な歌舞伎衣装の数々を展示している。

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。