安達太良神社/抱付観音 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

本宮の歴史

トップ>>本宮市>>安達太良神社・抱付観音

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

安達太良(あだたら)神社

長い石段を上がっていく。

本宮市本宮字舘ノ越

 安達太良神社は本宮市街地を見下ろす小高い丘の上にある。
 久安2年(1146年)に安達太良山と大名倉山(おおなぐらやま)に鎮座されていた神々を合わせ祀り、安達太良大明神と称し、安達郡の総鎮守とした。

 本宮はそれまでは「本目村」という地名であったが、お宮がやってきたことにより「本宮村」に改められたと伝えられている。

 付近は旧国道(県道355号)に近く、旧家や商店が軒を連ねる一角に位置する。かつての「本宮宿」の雰囲気がどことなく漂う町並みで、ゆっくりと歩いて回りたい。

抱付観音

本宮市岩根字深沢

 本宮市西部の抱付観音は、大名倉山の麓に位置し、長い石段を上って行った先にある。

 この不思議な名前の起こりは、天正年間に遡る。当時伊達軍がこの地に兵を進めた時、会津芦名(あしな)の兵士が観世音を背負って逃げてしまった。
 その夜、観世音はここの大岩に取り付き、一夜にして磨崖仏(まがいぶつ)となって蘇ったという伝承から、抱付観音と呼ばれるようになったということだ。

情報が古い、掲載が不適切な事項などありましたら、お問い合わせフォーム、あるいは以下コメントよりお知らせください。特に当事者の方や地元の方、何卒ご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。