自転車でめぐる さくら湖 初夏の風景 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

トップ>>三春町>>自転車でめぐる さくら湖 初夏の風景

自転車でめぐる

さくら湖 初夏の風景

 緑が美しい初夏、さくら湖(三春ダム)を訪れた。ここは大滝根(おおたきね)川の流域に治水や利水などを目的に建設され、平成10年に竣工したダム湖。三春町の南部に位置し、三春町内はもちろん、郡山市街地からも近いため、多くの人々の憩いの場となっている。滝桜が美しい春は言うまでもないが、四季を通じて、美しい山と水辺の風景が魅力的だ。
 今回は車ではなく、敢えて自然をめいっぱい体感できる自転車を選んだ。風を感じ、キラキラと光る水面を眺めながら、ゆっくりと季節の魅力を味わいに行く。

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

今回の散策は、さくらの公園をスタートし、湖を時計回りに一周するルートだ。番号は記事中の地点番号。
湖底に沈むふるさとの碑。平成8年建立。
三春ダム
ダム堤体の上を渡り、対岸の資料館側に出られる。車両の通行は不可能。車での移動は一般道を迂回する。
郡山方向へ、大滝根川を望む。

地点1
さくらの公園 三春ダム資料館

 湖南部にある、さくらの公園駐車場より折りたたみ自転車でスタート。湖に沿って西へ進むと、すぐに西端部であるダムから大滝根川への流出ポイントに辿り着く。駐車場や遊歩道が整備されており、全体を通して最もダムらしい風景を見ることができる一帯だ。遊歩道上には「湖底に沈むふるさとの碑」が立てられており、建設にまつわる歴史を垣間見ることができる。

三春ダム資料館
展望台からの景色。手前に見えるのが資料館、奥の橋は春田大橋だ。
石畑水生生物観察園から。穏やかな湖面が美しい。
同、石畑水生生物観察園。

地点2
三春ダム資料館 三春の里付近

 ダム堤体を渡ると、管理事務所や三春ダム資料館の後方に出る。資料館に立ち寄ったら、脇道を上って展望台へ行こう。春田(はるた)大橋を臨む美しい眺めは、さくら湖を象徴する風景の一つだ。
 湖畔からは「三春の里」方面へ、坂道を上っていくことになる。湖沿いの遊歩道を辿っていくのも良い。途中、緑と水色の風景が美しい、石畑(いしばたけ)水生生物観察園を通る。自然と触れ合える癒しのスポットだ。
 坂の上は、直売所や宿泊施設を備える「三春の里」や、お豆腐の「おおはたや」(こちらの記事を参照)など、さくら湖畔で最も人が集まる場所の一つだ。

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。