三穂田町 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

三穂田町

四方に山を望む広大な風景と、色鮮やかな秋花火の町。
市街地に比較的近い場所ながら、スケールの大きな風景に圧倒される。

トップ >> 郡山市>>三穂田町

 郡山市南西部に位置する三穂田(みほた)町は、安積(あさか)平野の雄大な景色が魅力の町。町の東部には東北自動車道郡山南インターがあり、市街地から比較的近い場所に位置するが、都市部の雑踏は微塵も感じられない。
 穏やかな時間が流れるのは、おそらく至るところから見える山の景観のためだろう。晩秋から冬にかけては北に見える雪の安達太良山をはじめ、西の高旗山、妙見山、東の阿武隈山系など、空気が澄んでいるがゆえに四方に山を見渡すことができる。特に西部の富岡地区や下守屋地区は非常に豊かな景観に恵まれており、河川敷に咲く桜が圧巻の春や、田園の緑が美しい夏など、四季を通して豊かな色彩に溢れている。また、「唐傘行灯(からかさあんどん)花火」などの伝統芸能も多く残され、文化的な面でも豊かな表情を持つ。取材は主に10月、11月の町を回った。冬へと変わっていく景色の中、心洗われる景色に優しい気持ちを抱いた。

取材ご協力:郡山市立三穂田公民館
お問い合わせは、郡山市立三穂田公民館、または編集部まで。
郡山市立三穂田公民館:TEL 024-953-2819

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

アクセス

本誌掲載のものは赤文字、オレンジ文字で記しています。あくまでも簡易マップですので、位置関係を把握したら、Google Map等をご利用ください。

 三穂田町は東西を結ぶ県道47号郡山長沼線、南北を結ぶ県道29号長沼喜久田線などを主要道とし、東西に長く広がっている。来訪の際は東北自動車道の郡山南インターや上記県道を利用する。インターのある川田地区など市街地の雰囲気が強い東部から、高旗山の麓の西部まで、西に行くほど雄大な景色に変わっていく。南は須賀川市(旧長沼町)などと隣接。笹原川千本桜など、見所には案内板が設置されている。
 なお、郡山駅~下守屋・長沼車庫間には福島交通の路線バスが運行されている。

CONTENTS

三穂田の風景

三穂田の風景の中で最も特筆すべきは富岡付近のひたすらに開けた田園風景だろう。その中を貫く広域農道や県道。東北だからこそ味わえるスケールの大きな風景だと言える。その他深田ダムから見下ろす郡山市街、桜の名所として定着した笹原川千本桜などを紹介していく。

唐傘行灯花火

富岡地区では毎年10月のスポーツの日前日にあたる日曜日に、亀賀森神社例祭行事の一つとして花火が打ち上げられる。この花火は、枠行燈の上部に付けた唐傘に着火するところが一番の見どころ。珍しい秋花火の魅力を文章と動画で伝える。

写真ご提供:近江甲一さん

安積(あさか)守屋甚句

西部の下守屋地区では天正年間から伝わる伝統的な歌謡、「甚句」が受け継がれている。現在も子供達が地域の宝を守ろうと、七つの楽器で華やかに演奏している。

高籏(たかはた)鉱山の歴史

日本近代化の原動力となった鉱山は、かつて全国各地に点在した。ここ高籏山にも鉱山があり、最盛期には500人今日の人口があったという。高籏山の登山道を利用し、実際に現地へ行ってみたところ、石垣など僅かな跡だけが残されていた。

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。