三春大神宮 秋季例大祭 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

トップ>>三春町>>三春大神宮 秋季例大祭

城下町の風情残る三春の町中で行われる、熱気溢れる秋祭り

三春大神宮 秋季例大祭

写真:長獅子。このように何人もの若者達が獅子の中に入っている。

取材ご協力:三春大神宮氏子総代 佐久間晃祥さん

毎年10月スポーツの日前の土曜、日曜開催。
夜の還御等、本特集で取り上げたのは日曜の行事。なお、日曜夜は町中心部への車の乗り入れ不可。

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

国道から参道方面へ入っていく。方向転換とパフォーマンスを兼ねた回転は、勇壮の一言。
新町の神輿屋台。新町は厳密には「若連」とは呼ばず、睦会と別火講中という組織がある。
八島台若連による樽神輿。統率がとれており、迫力があった。
大町若連による神輿屋台運行。旧ヨークベニマル付近。

揉み合いながら進む長獅子と各若連の神輿。行列は大神宮へとゆっくりと向かう。

 三春大神宮は、国道288号八幡町(はちまんまち)から南へ小高い丘を上った先にある歴史ある神社である。前身は貝山(かいやま)地区にあった神明社(しんめいしゃ)
 江戸時代、三春藩を治めていた秋田氏・2代目藩主の盛季(もりすえ)は、大病を患った際に神明社を信仰し、全快したと言われている。後に長男の輝季(てるすえ)により現在地に遷座され、以降「シンメイサマ」と厚く信仰された。現在の三春大神宮に改称されたのは明治時代のことだ。
 貝山地区の神明社の頃から、人々の信仰心の表現として祭りは存在し、現在地に遷座された際には社と一緒に移ってきた。明治時代に県社に昇格したことで三春の総鎮守となり、祭りもより盛大に行われるようになっていった。
 三春は神社仏閣が非常に多い町で、ほとんどの地区((あざ))に神社があり、春や秋にその祭礼を執り行っているのだという。三春大神宮の祭礼はそれとは別に、総鎮守の祭りとして毎年行われているのだ。田村氏が田村大元(たいげん)神社を遷座した頃から、三春は祭りが盛んな地域であったと言われ、そうした気質は現代でも変わっていないのだろう。

 秋の例大祭は毎年10月のスポーツの日 前日の日曜日を中心に行われている。三春中心部に位置する中町(なかまち)大町(おおまち)、八幡町、荒町(あらまち)北町(きたまち)新町(しんまち)八島台(やしまだい)の7つの地区が、それぞれに神輿を出す。このうち新町、荒町、八幡町には長獅子も保存されており、新町と荒町が1年ごとに交代で長獅子を出すようになった。(八幡町では地元の祭礼で出している)
 各若連とも当日の朝には大神宮に揃い、お祓いを行いながら順々に町内を回っていく。各地の神社や主要な施設に立ち寄りながらなので、お昼を挟んで日中いっぱい時間を要する。
 夜の還御は長獅子を出す町、2011年ならば新町の真照寺(しんしょうじ)前の集会所からスタートし、役場前や国道を通って大神宮へと向かう。夜の7時頃からのおよそ2〜3時間、祭りのフィナーレとして最も盛り上がる時間だ。
 最終的に大神宮へと戻っていくのは神社所有の神輿だけで、他の神輿は大鳥居の前で御霊抜きを行い、各地区へと戻る。これは神社所有の神輿には御神体が、地区の神輿には御札が入っているからで、御霊抜きは、御札を返還することで宿っていた神様を神社へお還しすることを意味する。

祭りを通して深まる地区の結束。楽しげな熱気に観客達も酔いしれる。

 見所は、やはり行列の先頭で揉み合いを行う長獅子だろう。獅子頭は厄祓いになると信じられており、揉み合いながら進むことには、威勢をつけることで厄を祓いやすくする意味がある。2011年は、新町の別火講中(べっかこうちゅう)と呼ばれる若連組織が獅子を取り仕切った。何人もの若者が中に入り、猛々しく動く様は非常に珍しく、これ一つとっても見に行く価値があるだろう。エネルギッシュで見るものを圧倒する力がある。
 また、各地区の神輿は若連が運行しており、それぞれのパフォーマンスも見所だ。若連ごとに特色があり、本格的な神輿を擁さない地区は酒樽で樽神輿を作る。威勢のいい掛け声、気分を高揚させる笛や太鼓、通りを何度も行き来しながら観客と一体となり、徐々に大神宮へと進んでいく。

 三春大神宮氏子総代である佐久間晃祥さんによると、神輿の運行は体力のある20〜30代が中心で、1ヶ月程前から各地区ごとに練習をしているという。当然仕事が終わってからになるので、長い時間が取れるわけではない。それでも皆楽しんで練習しているため、苦労という程のものではないと語る。
「神輿を出すことにより、年に一回地区の連帯を確かめることができ、祭りを通して各地区が、ひいては三春町全体が一つになっていくことが何よりも大切なんです」と佐久間さん。
 この祭りから観衆が感じるのは、何よりも熱気だ。互いに熱くなり、楽しみながら運行する様を見ていると、「三春っていい町だな」という感想を持つ。地域の祭りとして定着し、観光的に開かれたものではないことが、かえってこの祭りにとっては良いのかもしれない。
「今後は子供達の参加をより多く期待し、ずっと続けていけるようにしていきたい」と佐久間さんは語る。
 現在、小中学生による「小若(こわか)」も神輿を出しているが、最近は男の子達があまり積極的に参加しない傾向にあるのだそうだ。そうは言っても、小若による神輿も大人同様に迫力があり、盛り上がる。特に中学生達が行う神輿を担いでの猛ダッシュは見所の一つと言えるだろう。
「還御の夜の盛り上がりを是非見に来てください。各地区の人達が持つ熱気が感じられるはずです」と佐久間さん。

 当日は町中への車での立ち入りが制限されるが、三春駅が車を停めて置ける場所となる。町中心部までは少々歩くため、観光目的で町外から向かうには不便かもしれないが、熱気溢れる長獅子、神輿は必見だ。
 普段の情緒ある三春の街並みが、この日ばかりは違って見える。観光客にとっては、きっと新鮮な三春の魅力に出会える一日となるだろう。

昼の時間帯の神輿の運行。各地区でお祓いをしながら回っていく。
三春大神宮。ここは秋の紅葉の名所でもある。
町指定の天然記念物になっているモミの木。

情報が古い、掲載が不適切な事項などありましたら、お問い合わせフォーム、あるいは以下コメントよりお知らせください。特に当事者の方や地元の方、何卒ご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。