浮島神社の太々神楽 - 郡青ひなたweb
郡青ひなたweb

トップ>>本宮市>>浮島神社の太々神楽

浮島神社の太々神楽(だいだいかぐら)

取材ご協力:浮島神社 宮司 国分正光さん

住所:本宮市白岩字宮ノ下320
TEL:0243-44-2678

<例大祭>
春:4/15に最も近い日曜日 秋:11/3
<歳旦祭>
元日

※情報提供ご協力のお願い※

 このサイトでは、主に2007年~2013年にかけて取材をした記事を掲載しています。そのため、情報が古くなっていたり、掲載が不適切なものがあるかもしれません。
 取材対象者の方をはじめ、地元の方、歴史に詳しい方など、もしもお分かりになる点がございましたら、コメント欄、またはお問い合わせフォームより、ご教示いただけますと幸いです。
 また、観光客の方で実際にお出かけになる場合は、掲載している自治体観光課、観光協会等へ日程をご確認ください。特に新型コロナウイルスの流行以降、行事自体を開催していない場合があります。当サイトは、性質上、最新の観光ガイドにはなれませんので、ご容赦ください。

太々神楽奉納の様子。2009年11月3日開催より。

歴史・概要

 浮島神社は本宮市の東部、白岩(しらいわ)地区にある歴史ある神社だ。昔は金連大明神と呼ばれ、白岩地区の惣鎮守であった。明治2年に現在の浮島神社に改称。
 ここで古くから伝わる伝統芸能が、県の重要無形民俗文化財として指定されている太々神楽である。

 この神楽は、もともと神職の方々により披露されていたが、明治期以降は政府からの命により、神威高揚(かむいこうよう)のために氏子の方々による奉納に姿を変えていった。
 各人の技術の習得と併せ、設備の充実も図られ、現在拝殿左側には立派な神楽殿を見ることができる。

 奉納時期だが、現在は毎年元旦、4月15日に最も近い日曜日、文化の日である11月3日の年3回となっている。
 元日は午前0時から。初詣と併せて見学したい。春秋は午前11時頃から夕方まで行われている。

見どころなど

 浮島神社の太々神楽は出雲流の流れをくみ、全32座が伝えられている。そのうち現在はおよそ15座が舞われており、氏子さん達の高い技術を垣間見ることができる。
 舞の美しさはもちろんだが、何よりの特色は昔のままの技法で全てが直接伝承されてきた点だ。幸いに昭和の戦乱の中でも途切れることなく伝えられ、昔のままのスタイルで現在も演じられている。

 宮司の国分(こくぶん)正光(まさみつ)さんは、現在の様子を「氏子さん達に尽力していただいたおかげで、神楽継承への理解と協力が深まってきた。今後も参加してくださる方が増えると嬉しいです」と語る。
 地域の貴重な文化財として、これからも昔からの所作を守り後世に伝えていく。

情報が古い、掲載が不適切な事項などありましたら、お問い合わせフォーム、あるいは以下コメントよりお知らせください。特に当事者の方や地元の方、何卒ご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

期間限定広告

郡青ひなたの編集者にホームページ制作を依頼しませんか?

1ページもの:50,000円~

複数ページもの:120,000円~

詳しくは以下のページをご覧いただき、御見積依頼をご検討ください。

このサイトは非営利ですが、運営者の会社が末期的状況のため、期間を限定して当広告を掲載しています。何卒ご了承ください。