しんせき村田舎暮らしと交流体験&直売

しんせき村

運営:君島和昭さん

天栄村大字上松本字上屋敷9
TEL/FAX 0248-82-2510
ホームページはこちら

直売所は4~12月の土日のみ。
営業時間は日の出から日の入りまで。
セカンドハウスオーナー募集中。

 

取材:2009年4月
文、写真:木村裕輔
取材ご協力:しんせき村

(掲載の情報は取材時のものです。情報が古い場合や、お気づきの点がございましたらご連絡ください。メールはこちら)

田舎暮らしを体感できる
セカンドハウスを提供。
「農村の中で親戚のような交流を作り出したい」

しんせき村は、国道294号線沿いの静かな田園地帯にある、田舎暮らしの提供、体験型直売所の運営などを行う複合施設だ。

管理人の君島和昭さんは、平成5年頃から天栄村の豊かな自然の魅力を広めていこうと、田舎暮らしの応援に取り掛かった。
できるだけ多くの人へ田舎暮らしを提案したいという思いから、土地を売るのではなく月5,000円で貸し出すという方式をとった。(総20区画、1区画約100坪)

「多くの人が気軽にセカンドハウスを持ち、農村の中で親戚のような交流を持ってくれたらと、村の名前を考えました」と君島さん。

釈迦堂(しゃかどう)川のほとりの、水も山も美しい一角に土地を確保しており、気に入って定年後に定住した人もいるという。

また、平成12年より運営している直売所も面白い。ここの特徴は「体験型」であること。地元で生産されたものを売る従来の直売所の役割を担いつつ、来たお客さん自らが収穫し、それを持ち帰ることができるサービスを実施している。
田舎暮らしの中から交流を創出する、しんせき村ならではの試みと言えるだろう。
現在は4月~12月の土日のみの営業となっている。是非楽しみながら季節の野菜を収穫してみよう。

取材、文:木村裕輔

 

line

他の天栄村特集

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。