レジャーの新たなる可能性

ブリティッシュヒルズBritish Hills

line

天栄村大字田良尾字芝草1-8
TEL / 0248-85-1313
FAX/ 0248-85-1300
ホームページはこちら

宿泊プランなど詳しくは上記webをご覧ください。

全写真ご提供:ブリティッシュヒルズ
取材ご協力:広報 高橋理恵さん

左:マナーハウス外観

 

取材:2009年4月
文:木村裕輔
取材ご協力:株式会社ブリティッシュ・ヒルズ
写真ご提供:株式会社ブリティッシュ・ヒルズ

一部写真:木村裕輔
(掲載の情報は取材時のものです。情報が古い場合や、お気づきの点がございましたらご連絡ください。メールはこちら)

羽鳥湖を見下ろす広大な敷地に、中世英国の村を再現したブリティッシュヒルズ。
ゲートから入り、木々の奥に見えてくる建物を見ると、その雰囲気に圧倒される。
マナーハウスと呼ばれる英国荘園領主の館を中心に、民家やパブなどが配置され、雰囲気は完全に英国。
公用語にも基本的に英語が用いられ、日本にいながらにして「パスポートのいらない英国」を体感できる。

ここは宿泊型の国際研修センターとして知られ、学生や企業の研修施設として盛んに利用されてきた。
もちろん個人での利用も可能で、ここで結婚式や披露宴を行うこともできる。英国好きにはぴったりの施設だ。

各建物にはそれぞれ時代・テーマが決められており、建築様式から内装品まで徹底的にこだわり抜かれている。
一つ一つきちんと時代考証がなされ、本物、もしくは精巧なレプリカを取り寄せて配置。特にマナーハウスは英国好きはもちろん、歴史好きをも唸らせそうだ。

施設全体のテーマは「カルチャー&リゾートステイ」。食事をして宿泊する中で、異文化体験をする。そのために、様々なプランが用意されているので、それぞれのニーズで利用し、英国を体感して帰りたい。

例えば英語に興味があれば、「英会話クラス」や、より実践的な「ハイランドライフ」などがおすすめ。
クッキングやブリティッシュ・クラフトなどで、気軽に英国の生活を体験するのもよさそうだ。

6月~7月、施設はジョージアン・ガーデンのバラが見頃となり、景色が最も美しい季節を迎える。
英国に気候が似ているという天栄村。その中で、新鮮な異文化体験をしてみてはどうだろうか。

取材、文:木村裕輔

ライブラリー

自由に洋書を手に取れるマナーハウス内ライブラリー

宿泊施設

各棟ごとに時代考証がなされている宿泊施設

英会話教室

英会話クラス。実用的な英会話を学ぶ。

クッキングクラス

クッキングクラス。スコーンなどを作る。

line

他の天栄村特集

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。