隠津嶋神社

 

 

県道をゆく235号

 

季節ごとに表情を変える風景を味わいながら、ゆっくりと道を走っていくと、漫然と通り過ぎているときには見落としてしまう、様々な魅力があることに気づかされる。それは自然に恵まれ、そこに築かれた文化があり、歴史があるからこそだろう。
今回は会津七峠の一つ、「馬入(ばにゅう)峠」を走った。先人達が苦労して越えた峠も、現在は県道235号羽鳥福良線として大半が舗装整備されており、原生林に囲まれた涼やかな道だ。清流と緑の美観に魅せられながら、この歴史ある峠を越えてゆく。

取材:2008年6月
文、写真:木村裕輔
取材ご協力:天栄村役場 産業振興課商工観光グループ、郡山市立湖南公民館
(掲載の情報は取材時のものです。情報が古い場合や、お気づきの点がございましたらご連絡ください。メールはこちら)
隠津嶋神社等、湖南町側のお問い合わせは、郡山市立湖南公民館 (Tel 024-983-2543)まで。

歴史的記述についての考え方はこちら

※この道は積雪のため冬期閉鎖となります。

天栄村側

羽鳥湖 三角 235号入口付近

周囲16キロにわたる人造湖。人々が憩う天栄村のシンボル。これからの季節、貸しボートで湖面をめぐるのも涼やかでよい。(上左)
羽鳥湖岸から国道118号を西へ少々下り、大平の集落を右折で県道235号だ。写真は県道側から。(上右)

明神滝黒沢集落方面へ左折し、少し寄り道。
四季折々の美しい表情を見せる明神(みょうじん)滝(写真左)がある。比較的水量が多く、舞う飛沫が綺麗だ。

県道235号羽鳥福良(はとりふくら)線は、羽鳥湖の西、岩瀬郡天栄村田良尾(たらお)と、猪苗代湖の南、郡山市湖南町福良を結ぶ15キロ程の道。今回は天栄村側から北上した。
峠までの道は赤石川の沢沿いに進み、太陽に照らされた緑の中をくぐり抜けていく。明神滝をはじめ、水と緑がつくり出す景観も美しい。道は広くはないが、待避所が多く不自由はしない。

砂利道区間 sankaku きもり跡記念碑 sankaku

県道235号きもり跡記念碑。
碑文には「山の神をきもりと称え、村草創の基を開く」といった内容が書かれ、山を守り、村を開いた先人達への敬意が示されている。(写真上右)

道は木々の間を縫うように高度を上げていく。山深くなるほどに、光に照らされた緑が鮮やかに映える。(写真左)

県道へ戻る。更目木(ざらめき)の集落を過ぎると峠道へと変わっていく。途中2ヶ所ほど短いながら未舗装部分が残る。(2011年現在、内一箇所舗装確認済。舗装化が進んでいます)

 

馬入峠

馬入峠 馬入峠

積み上げられた土が山の地形に沿って長く続く(写真左)。元は上杉氏が構築したとされ、その後戊辰戦争の際に、会津藩が官軍の侵入を防ぐために利用した。現在は記念碑が建っている(写真右)。

やがて峠に辿り着く。切り通しのため眺望は臨めないが、車が止められる広さが確保されているので、降りて堡塁(ほうるい)跡を見てみよう。ここから湖南側へは道が狭くなるので十分に注意したい。

 

郡山市湖南町

県道235号 様々な植物が群生する隠津嶋(おきつしま)神社周辺。菅(すげ)川がすぐ横を流れている。

 

隠津嶋神社 隠津嶋神社

隠津嶋神社 隠津嶋神社

隠津嶋神社。干ばつのときに社地の菅を取って雨乞いすると、必ず雨が降ると言われる。社殿(写真上左)の奥へ進むと(写真上右)、風穴堂(写真下左)があり、神使いの蛇が棲んでいると信じられている。風穴には参拝者達が卵をお供えする(写真下右)。

湖南町側へ下りると、徐々に辺りの景色が変わっていき、鬱蒼とした木々に囲まれていく。この道のハイライトである隠津嶋神社周辺だ。 社は古くから伐採が禁止されていたため、約200種類にも及ぶ植物群落が見られる(県の天然記念物に指定)。菅川の流れを横に原生林の中を通り抜けていく道は、荘厳かつ神秘的な雰囲気だ。
高度を下げ、やがて視界が開けてくると、馬入新田(ばにゅうしんでん)の広大な畑が。猪苗代湖畔ももうすぐだ。

菅滝 sankaku 馬入新田 sankaku

湖南水芭蕉隠津嶋神社に程近い菅滝。原生林の中の神秘的な滝で、郡山市の「水にふれあう名所10選」に選ばれている。(写真上左)

視界が開けてくると馬入新田の畑が。秋には蕎麦の花が綺麗な場所。(写真上右)

馬入新田には水芭蕉の咲く湿原があり、4月下旬になると毎年美しい花を咲かせる。(写真左)

 

馬入新田 口留番所 sankaku 湖南側出口

馬入新田には藩政時代の一六六七年に会津藩の口留番所が設置され、その門柱の土台石が近年発見された。集落の南側に目印となる大きな松の木があり(写真上左)、記念碑(写真上中)が建てられている。

湖南高校付近(湖南町福良)で国道294号と交わり、終点となる。福良は昔ながらの家々が残されており、趣深い町並み。猪苗代湖へ向かうには、県道236号青松浜(せいしょうがはま)線へ入ろう。

県道235号マップ

他の天栄村特集

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。