郡青ひなたweb

マリンパークなみえ

●取材時期:2007年3月~2012年 ●写真:木村裕輔、秋濱あいり ●動画:木村裕輔

(掲載の情報は取材時のものです。情報が古い場合や、お気づきの点がございましたらご連絡ください。メールはこちら)

 

白河市

南湖公園南湖公園の桜

2010年4月撮影。
白河はお世話になっている業者さんが多く、よく通った場所。市街地からすぐの場所にある。
白河藩主の松平定信が造成した湖で、日本最古の公園と言われている。
市民憩いの場で、春にはお花見の人達で賑わう。

 

 

西郷村

雪割橋雪割橋 紅葉の季節

2007年10月撮影。
白河の西側に位置する村。国道289号から入る。現在は甲子(かし)トンネルで下郷まで通じているが、以前はその山深さゆえ、この先で国道は途切れていた。
雪割橋の辺りは牧草地が広がるのどかな場所で、冬場は雪の量が急に増える場所でもある。

 

 

福島市

浄土平 浄土平

浄土平 残雪の5月

2008年5月撮影。
吾妻連峰の春は遅い。5月、吾妻小富士周辺ではところどころに雪が残っていた。
磐梯吾妻スカイラインは、福島市の土湯峠から高湯温泉までを山を縫うように結ぶ道路。スカイラインという名のとおり、霧がかからなければ眺めは最高だ。
小型の富士山のような吾妻小富士までは、浄土平駐車場から少し階段を登っていけば辿り着くことができる。

例年11月の中旬からゴールデンウィーク前頃まで、冬期閉鎖です。
ホームページでご確認を。

国道115号国道115号からの風景

2009年2月撮影。
猪苗代町と福島市を結ぶ国道115号は、高いところを走る道路ゆえ景色が良い。途中何度か福島市街地を見渡せる展望スペースが設けられている。

 

 

平田村

ジュピアランドひらたジュピアランドひらた 芝桜

2010年5月撮影。
国道49号で郡山市からいわき市へ向かう時、途中通過する場所が平田村だ。阿武隈高原の豊かな自然に囲まれたこの村では、5月上旬~中旬の芝桜が有名。ピンク色の絨毯が、山の斜面に敷き詰められ、見る者を楽しませてくれる。

ジュピアランドひらた
石川郡平田村大字蓬田新田字蓬田岳

 

 

玉川村

乙字ヶ滝乙字ヶ滝

2011年9月撮影
日本の滝100選に選ばれている名瀑。水量が多く、迫力がある。川の中央が須賀川市との境界になっている。国道118号から入ってすぐ。
江戸時代の白河藩領の頃には、遠く海から遡上した鮭や鱒、鮎がこの滝を飛び越える際に梁に落下することが多く、多い日には一日に千尾を超える程の量だったそうだ。ここでとれた初漁は白河藩主に献上されていた。芭蕉も訪れた場所とされ、句碑が建立されている。

なお撮影日現在、東日本大震災の影響で川にかかる橋が通行止めとなっており、玉川村方面からしか入れなかった。

 

 

大熊町

※掲載にあたりまして※

このたびの震災で被災された全ての方々に、心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。
津波、原発問題と大きな被害を受けているこの地域を、このような形で掲載することへは大きな迷いがありましたが、一日も早い事故の収束、町の復興を願い、かつての浜辺の様子を動画として公開させていただきました。

 

大熊の海

2010年5月撮影。
私が初めて訪れた福島の浜辺は、郡山から国道288号を通った先にある、大熊の海だった。
様々に言いたいことはあるが、うまく言葉にできない。
ただ、必ずや、この美しい海を取り戻す日が来ることを信じたいと思う。

 

猪苗代町

猪苗代湖猪苗代湖、秋の夕景

2011年5月撮影。
元観光客、現郡山市民である私にとって、やはり一番思い入れが深い場所は猪苗代湖かもしれない。
四季を通してここの自然を見られ、朝夕の表情を拝めるのはとても恵まれたことだと思う。

昭和の森から。

昭和の森ホームページはこちら

 

猪苗代湖猪苗代湖、霞む午後

2009年7月撮影。
長浜周辺からの景色。

 

リステル猪苗代リステル猪苗代のコスモス

2009年9月撮影。

国道49号、志田浜から猪苗代市街地方面へ県道を入ると、途中リステル猪苗代という大きなホテルの横を通る。ここのハーブ園は春から秋まで様々な花が見られる。

公式サイトはこちら

 

 

下郷町

大内宿大内宿 冬の景色

会津若松と日光(今市)を結ぶ国道121号線は、かつての会津西街道。大内宿はその宿場町として栄え、現在も茅葺屋根の家々が残る古い街並みで有名だ。現在の国道よりはやや西側に位置するため、少々県道を登っていく。
雪国はやはり冬がいい。雪明けの青と、雪の白が古民家の建ち並ぶ町並みと良く似合っている。

 

line

各特集ページへ

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。