里の茶屋さくら湖周辺ピックアップ

三春の里 田園生活館

田村郡三春町大字西方字石畑487-1
TEL:0247-62-8010 FAX:0247-62-1977
ホームページはこちら

宿泊料金
本館:8,500円/人
コテージ:3,000円/人
合宿プラン:5,000円/人
など。くわしくはホームページで。


取材:2010年5月
取材ご協力:株式会社三春の里振興公社
文 、写真:木村裕輔
(掲載の情報は取材時のものです。情報が古い場合や、お気づきの点がございましたらご連絡ください。メールはこちら)

上写真:里の茶屋

自然の恵みに感謝し、農を大切にしてきた生活文化を体感する―そうした伝統的な生活の中にこそ、本当の豊かさがある。そんなコンセプトのもと、多くの人に田園生活の魅力を伝えていきたいという思いから、平成6年に西方地区に建てられたのが、「三春の里 田園生活館」だ。
ここは地元農産物の直売をはじめ、レストラン、宿泊施設、宴会場やお風呂などを擁する複合施設だ。

まずは「かご市」と呼ばれる直売所から紹介したい。
ここの特色は、地元の農家が会員となり、自ら商品を並べ、値段を付けるシステムであること。それゆえ、新鮮なものを安価で提供できる。もちろん、品質や鮮度のチェックは会社側で欠かさないので安心だ。

次にレストラン。伝統食の数々を軽食風に楽しめる「里の茶屋」と、新館一階の「四季菜(しきさい)」、バーベキュー「森の食卓」など多彩だ。
特に「里の茶屋」は三春ダム建設時に水没する古民家を移築したもので、趣ある佇まいの中、郷土食を楽しめると人気だ。

学校などの団体向けには、道路を挟んだ向かい側の「さくら湖自然観察ステーション」も魅力的だ。天体望遠鏡を使った夜空の観察、ラベンダーの香水作りなど、自然を感じられる体験教室を随時行っている。

2010年7月から、宿泊料金もより良心的になり、さくら湖散策や三春観光の一拠点として、さらに利用しやすくなった。ふらっと立ち寄るにも、じっくり体感するにも楽しめる施設だ。

なお、電動アシスト付自転車の貸し出しも行っているので、さくら湖をゆっくり回りたい人にもお勧めだ。

取材、文:木村裕輔

三春の里 かご市

かご市。地元の新鮮野菜を毎日お届け。

三春の里 田園生活館

田園生活館 新館。一階がレストラン、二階はお風呂、三階は宴会場だ。

さくら湖自然観察ステーション

さくら湖自然観察ステーション。

line

他の三春町特集

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。