郡青ひなたweb

特集三春町

城下町、三春。古くは戦国大名・田村義顕(よしあき)が三春城(舞鶴城)を本拠地とし、江戸時代には秋田氏の下、三春藩五万五千石(後に五千石を分知)の中心地として栄えた。

町を歩けば、城下町らしい町並みが迎えてくれる。国道や県道として認定されている大通りだけではなく、小さな路地のそこここで、歴史や文化の匂いが感じられる。
特に「裏道」と呼ばれる桜川沿いや、石畳の磐州通りには情緒があり、ゆっくりと散策を楽しみたいエリアだ。町中には数多くの神社仏閣、史跡などが点在しているので、歴史を紐解きながら歩いていきたい。

また、市街地だけではなく、町郊外にも足を延ばしてみよう。平成10年に竣工した三春ダム(さくら湖)周辺は自然の宝庫で、樹齢千年以上と言われる滝桜は、春の名所として多くの人に認知されている。
今回は初夏を選び取材をしたが、木々が緑を纏い、湖面の青も美しいこの季節は、春に劣らぬ魅力で溢れていた。

なお、町中の散策は狭い箇所が多いため、徒歩を推奨したい。町役場隣に広い駐車場が設けられている。さくら湖周辺は車もいいが、風を感じられる自転車もおすすめだ。

観光情報

鉄道は磐越東線三春駅を、高速道路は船引三春インターを利用する。一般道は町を東西に横切るように国道288号が通っており、一部バイパスも整備されている。
滝桜など、さくら湖周辺へは、郡山市街地からも近く、県道297号斎藤下行合線、57号郡山大越線などが便利。なお、桜の季節は三春駅から滝桜まで臨時バスも運行される。

●取材:2010年5月~2010年6月 「郡青ひなた」第9号(2010年7月15日発行)
●写真:2008年4月~2010年6月
●文:木村裕輔
●写真:木村裕輔
●挿絵:秋濱あいり
●取材、校正ご協力:三春町産業課観光グループ(TEL 0247-62-3960)、三春町歴史民俗資料館、株式会社デコ屋敷大黒屋、有限会社大畑屋食品、鈴木節子さん、株式会社三春の里振興公社

line

三春人形三春の郷土文化と出逢う 1

三春人形の魅力

高柴デコ屋敷 本家大黒屋

伝統を引き継ぎ、新たなる可能性を拓く「三春人形」の魅力

 

この特集を見る

line

おおはたや三角油揚三春の郷土文化と出逢う 2

三角油揚を味わう

TO-FU cafe おおはたや

三春で油揚と言えばこの形! 古くから伝わる郷土の特産品の歴史と、その魅力を探る。

 

この特集を見る

line

水引細工三春の郷土文化と出逢う 3

水引を使った伝統技術「水引細工」

小笠原流派玉増流 鈴木節子さん

古くから伝わる日本の伝統・水引を使い、日常の生活で使える様々なものを制作。三春の地から、全国へ魅力を発信していく。

 

この特集を見る

line

自転車でめぐる さくら湖自転車でめぐる

さくら湖 初夏の情景

緑が美しい初夏のさくら湖を、自転車で一周する。

 

この特集を見る

line

舞鶴城三春町中散歩

ぶらり歴史散策

三春の町中は、徒歩での散策がよい。歴史ある街並みを楽しみながら、歴史の流れを感じよう。

 

この特集を見る

line

三春の里さくら湖周辺ピックアップ

三春の里 田園生活館

さくら湖畔にある、直売所や宿泊施設などを備えた複合施設。
自転車の貸し出しもこちらで!

 

この特集を見る

line

有料版電子書籍のご案内

当サイトの記事を気に入っていただけましたら、是非有料版の電子書籍ムックもご覧ください!
「郡青ひなた~ふくしま再発見~vol.1 郡山市・三春町」は、全120ページ、800円で販売中です。
内容は、当サイトでご紹介した全ての記事(一部再取材の上リライト)と、新規取材記事で構成されており、容量は当サイトの2~3倍程度になっております。
当サイトで取り上げていない、三春大神宮の秋祭りや、陶芸家の方のご紹介など記事が増えています。
是非お買い求めください!

郡青ひなた 電子書籍

郡青ひなた~ふくしま再発見vol.1 郡山市・三春町

発売中

ひなデジタル出版 編
PDF、インタラクティブPDF
定価:800円

<販売サイト>

DL market:PDF版 インタラクティブPDF版(FLASH必須)

 

 

 

各特集ページへ

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。