特集 中田町

郡山東部ニュータウンの近代的な町並みを抜け、緩やかな坂を下っていく。目の前には太陽の光に照らされてキラキラと輝く水田と、どこか懐かしい農村風景。ニュータウンとオールドタウンが調和し合う風景は、豊かな自然に囲まれ、都市として成長してきた「郡山」という町の姿を端的に表現しているように思える。
この東部ニュータウンを抜けた先から東へと伸びている町が中田町だ。柳橋歌舞伎に代表される伝統芸能と、数え切れないほどの枝垂桜の美しさで知られている。山に囲まれている地域であるため、春はもちろんのこと、四季折々で町は豊かな色彩をまとう。初夏の季節は眩しいほどの緑が私達を出迎えてくれた。
時間を取ってゆったりとした心で町を巡ってみよう。伝統芸能を育んできた町だからこその情緒や、落ち着いた温かな雰囲気を感じられるはずだ。

概要

中田町は郡山市東部の町で、県道65号小野郡山線を中心に東西に長く伸びている。北は田村郡三春町、田村市船引町、東は田村郡小野町と隣接。見所は各所に点在しており、奥まった場所に位置するものもあるので、市設置の案内板を参考にしたい。なお、郡山駅~柳橋・小野駅前間には福島交通の路線バスも運行されている。

●取材:2008年5月~2008年7月 「郡青ひなた」第4号(2008年7月7日発行)
●写真:2008年5月~2011年
●文:木村裕輔
●写真:木村裕輔、秋濱あいり
●挿絵:秋濱あいり
●取材、校正ご協力:郡山市立中田公民館(TEL 024-973-2951)、宗像良三さん(柳橋歌舞伎保存会)、熊田英重さん(海老根伝統手漉和紙保存会)
●一部写真ご提供:柳橋歌舞伎保存会

Portraits

赤沼赤沼 県道脇の田園風景

田村町下行合(しもゆきあい)から中田町赤沼まで、県道65号小野郡山線の一本南側を通る道路。緩やかな坂が続く田園風景と、史跡「おしどりの碑」、中井田の桜などを見ることができる。
写真は中井田の桜付近から、東の方角を望む。水を張った田んぼの緑が眩しい。

地図番号1

※大まかな撮影場所は下に掲載の地図をご覧ください。

 

おしどりの碑 おしどりの碑
赤沼 おしどりの碑

この地域にはかつて沼があり、坂上田村麻呂が朝日に赤く照らし出された沼を見て「赤沼」と命名したのが地名の由来だとされている。
その沼で仲良くつがいで泳いでいたおしどりのうち、雄鳥を射殺してしまった殿様が、夢の中で雌鳥の化身と思しき美女に「うらめしい」と訴えられたという伝説がこの地の「おしどり伝説」だ。

地図番号2

 

大滝根川 大滝根川
赤沼・高倉 大滝根川の流れ

県道65号小野郡山線と54号須賀川三春線が交差する付近は、大滝根川の流れが美しく、特に川の北側は蔵のある家並みと相まって情緒満点。付近には延命寺、龍光寺、荒神社など桜の名所も多く、春の景色は特に一押し。
8月16日の送り盆には灯篭流しが行われ、幻想的な雰囲気に包まれる。

地図番号3

※民家が密集する地区ですので、散策の際はご配慮願います。

 

上石上石(あげいし) 棚田の風景

郡山市街地から見て、高倉の坂の手前で県道65号から左へ分岐し、不動桜方面へ入っていった先が上石地域だ。天正時代、伊達政宗に滅ぼされてしまったという上石氏の舘跡があり、それが地名の由来となっている。この辺りは山に囲まれており、斜面を利用した棚田が多い。

地図番号4

 

御舘中津川 御舘(みたて)の町並み

下枝(しもえだ)を過ぎ、県道65号で(郡山市街地方面から)長い坂道を下りていくと、商店が立ち並ぶ趣ある一角が現れる。
御舘小、中学校や、安積高校御舘分校(地名は柳橋になる)などがある中津川の中心部、御舘だ。
ここから柳橋にかけては、どこか懐かしく、そして美しい町並みが残されている。

地図番号5

 

木目沢 木目沢冬景色
木目沢(このめざわ) 桜へ続く道路

坂上田村麻呂がこの地を通った際、木の芽が青々しているのを見て「木の芽の里」=木目沢と呼ばれるようになったとされる地域。その名のとおり、木々の緑が美しく、のどかで牧歌的な風景がよくできた絵のように整然と広がる。写真は紅枝垂地蔵桜へと向かう道の途中。 冬雪景色も綺麗な場所だ。

地図番号6

 

龍ヶ岳公園 龍ヶ岳公園
木目沢 龍ヶ岳公園

エドヒガン11本、枝垂桜2本、コブシ1本の計14本の木々に囲まれた高台の公園。エドヒガンは推定樹齢260年以上のものが8本、コブシは推定樹齢300年にも及ぶとされ、圧倒的な存在感を放つ。また、春は桜の名所の一つとしても知られている。園内には馬頭観音も祀られている。高台なので、見下ろす山々の景色が綺麗。

地図番号7

 

黒石山柳橋 黒石山の麓より

中田町最東部に位置する山で、田村市船引町、田村郡小野町に隣接する。付近からは黒御影石が発掘され、良質の石として広く利用されている。また、牛の放牧を行っているところもあり、散策途中に牛にばったり、なんてことも。道路が狭いこともあり、車の場合は気をつけて運転したい。

地図番号8

 

line

桜の景

中田は春の枝垂桜が有名な町。三春の滝桜と並び「福島の桜の横綱」と呼ばれる紅枝垂地蔵桜をはじめ、数多くの見事な花を見ることができる。「郡青ひなた」誌面上では、「初夏の桜の景」として緑萌える風景を紹介したが、後日、春に撮影し直した。

中井田の桜赤沼 中井田の桜

おしどりの碑近く。田園風景が美しい。

 

龍光寺赤沼 龍光寺

本堂西側には子安地蔵尊がある山の上の静かなお寺。

 

台の桜高倉 台の桜

大滝根川北側の道にかかる巨木。

 

伊勢桜黒木 伊勢桜

県道40号飯野三春石川線沿いの桜。町並みと見事に溶け込んでいる。

 

愛宕神社赤沼 愛宕神社

 

紅枝垂地蔵桜木目沢 紅枝垂地蔵桜

三春の滝桜の子孫と言われる桜で、福島県内の桜では滝桜と並び「横綱」と呼ばれる堂々とした佇まい。桜の木の下に延命地蔵尊があることから、「地蔵桜」と称されている。

 

忠七桜牛縊本郷(うしくびりほんごう) 忠七桜

戊辰戦争後、宗像忠七氏が会津の人々の霊を慰めるために植えたとされる桜。
山の中の静かな場所にある。

 

不動桜上石 不動桜

三春の滝桜の子孫と言われている桜。三春町との境界の程近くに位置する。不動堂の境内にあることから命名。

 

五斗蒔田桜 瑞雲寺
木目沢 五斗蒔田桜               牛縊本郷 瑞雲寺

 

水月観音堂駒坂 水月(すいげつ)観音堂

七面の古絵馬が奉納されている観音堂。田村市との境界近く。

 

中田町地図

 

特集 柳橋歌舞伎中田の文化をめぐる その一

現代に受け継がれる伝統芸能

柳橋歌舞伎

 

この特集を見る

 

特集 海老根伝統手漉和紙・秋蛍中田の文化をめぐる その二

暮らしに静かに息づく 伝統の技

海老根手漉和紙、秋蛍

 

この特集を見る

他の郡山市特集

※当ページのコピー(コピー&ペースト)は禁止させていただいております。詳しくは「著作権についての考え方」をご覧ください。